うっかり日焼けしてしまったら急いで美白│シミ予備軍を化粧品で退治

荒れやすい肌への化粧品

基礎化粧品

化粧品の選び方

化粧品は女性にとって欠かせない存在であり、最近では男性も積極的に化粧品を利用しています。同時に、化粧品で肌が荒れるなどの敏感肌の問題も起こっています。敏感肌を抱える人が化粧品を選ぶ際にしておきたい工夫を紹介します。敏感肌と言っても、実際はどの成分が肌に合わないかは人によって異なります。一般的には酸性やアルカリ性の強いものは敏感肌によくないとされますが、そのような化粧品を使っても問題ない人もいます。大事なのは、どの成分が自分の肌に合わないかを知ることと言えます。肌に合わない成分を知るためには、店頭で店員にパッチテストを頼むことです。スーパーなどではできないことがありますが、化粧品の専門店であれば店頭に見本がなくても、パッチテストを受けさせてくれます。その際には敏感肌であることを伝えておくと、スムーズにテストが受けられます。

肌が荒れる仕組みとは

敏感肌には元から合わない化粧品と、使い続けることで肌に合わなくなるものの2種類があります。それぞれの特徴を詳しく説明します。元々合わない化粧品は、生まれつきのアレルギーなどを原因に使い始めのころから症状が現れます。このタイプの化粧品は敏感肌が酷く荒れたり、その跡が残ったりする場合があるので、異常を感じたらすぐに使用をやめることが大切です。継続的な使用で合わなくなる化粧品は、成分が蓄積されたり、過度の使用によって敏感肌に影響を与えます。どのような成分でも、人間の身体は特定の物質を吸収し過ぎると何らかの異常が起こります。身体に蓄積されやすい成分は人によって異なりますが、このタイプの敏感肌の異常は、用法を守りながら化粧品を使うことが求められます。